FTPクライアントを選ぶ

ウェブ開発の必需品の一つに、FTPクライアントがあります。機能としては、LinuxのみならずWindows,Mac OSにも標準でインストールされているので、コマンドラインを使いこなせる人なら必要ないのですが、そうは言ってもGUIはあらまほしきものということでソフトを選んでみます。(Windowsに至っては、エクスプローラーがFTPクライアントにもなるのでGUIも実現されていますが)

絶対条件ではないのですが、WindowsでもMacでも使うことができて、オープンソースで、というあたりで絞ると、スタンドアローンのアプリケーションなら、ほぼ FileZilla しか無いという状況です。Windowsオリエンテッドっていうことで、MacOSのGUIには違和感が結構あるのですが、世界的にはかなりのシェアがあるようなので安心して使えるとは思います。DrupalやUbercartのサイトでも(おすすめ?)開発ツールとして紹介されていますし。

あとは、FireFoxのアドオンである FireFTPも、なかなかの使い勝手で、用途によってはFileZillaより良いかもしれません。機会があれば具体的な機能比較などやってみたいと思います。使ったことはありませんが、EclipseのプラグインにもFTPクライアントがありますのでいずれ試してみようかと思います。

以前、Windows用として愛用させてもらっていたFFFTPというフリーウェアがあるのですが、つい数日前に作者の方が開発中止を宣言されたそうです。今は使用していませんが、かつてはかなり有効に使わせていただいていたので、何やら寂しいものがあります。

というわけで、OSの機能で不足な人は、FirefoxユーザーならとりあえずFireFTPをインストールしてみましょう。
「FireFTPでは不足である」とか「Forefoxなど使わん」という人は FileZilla ということになるでしょうか。

FileZilla公式サイト:
http://filezilla-project.org/