Eclipse のダウンロードとインストール(Windows XP)

高機能なオープンソースの統合開発環境(IDE)をインストールします。

PHPなど、WEB関連の開発にも使用するつもりですが、まずは試しにJAVAの開発環境をインストールします。

Eclipseのサイトで「Downloads」をクリックします。

www.eclipse.org

2011年2月28日現在、最新版はHelios(3.6.2)となっています。

「Eclipse IDE for Java Developers」の「Windows 32 Bit」をクリックします。

ダウンロードアイコンをクリックして任意の場所にファイルをダウンロードします。

ダウンロードした「eclipse-java-helios-SR2-win32(.zip」を解凍します。

解凍してできたフォルダ「eclipse」を任意の場所に配置して完了。eclipse.exeをダブルクリックすると起動します。

なお、eclipseを使用するにはJRE(Java Runtime Environment)が必要です。

JREがインストールされていない場合は、Javaのサイトからダウンロードしてインストールします。

http://www.java.com/

Eclipseを起動させると、「Workspace Launcher」というタイトルのウィンドウが開きます。あとで変更することは可能なので、デフォルトのままか、適当なフォルダを指定すればよいでしょう。