ユーティリティー

Windows用のファイルアーカイバ(圧縮・解凍)ソフトです。
 
高圧縮率の7-Zip(.7z)フォーマットでの圧縮が可能です。ZIP形式での圧縮や、大抵のフォーマットの解凍に対応していますし、機能も必要十分なものを備えており、おすすめです。
 
WindowsのOSは、標準ではZip形式とLHA形式(WindowsXPの場合はソフトのダウンロードが必要)による圧縮・解凍が可能ですが、rar、7zipや、Linuxでは標準的なtar、gzipなどについては解凍(展開)できないため、圧縮・解凍ソフトをインストールしておくのが便利です。
 
また、Windows XPでは、OSの機能でZip形式の圧縮ファイルにパスワードを設定することができたのですがWIndows Vista、Windows 7ではその機能が廃止されましたので、パスワード付きの圧縮ファイルを作成する場合には、圧縮・解凍ソフトをインストールする必要があります。
 
WinZIP、WinRARなど、有名で高機能なソフトがありますが、いずれも有償です。
 

HDDのパーティション構成を変更する場合、通常はHDDをフォーマットし直す必要がありますが、このツールを使えば再フォーマットせず、データが保存されたままで変更が可能になります。個人用途でのみ使用可能な、フリーのHome Editionがあります。

http://www.partition-tool.com/

インストールして試しました。パーティション構成を設定するとPCが再起動され、起動時に再構築の処理が行なわれます。HDDの容量、使用領域、回転速度などによって異なりますが、Cドライブ10GB & Dドライブ50GB という構成を Cドライブ30GB & Dドライブ30GB に変更するのに30分もかかりませんでした。

もちろん作業前には大切なデータのバックアップを取りましょう。

しばらくこの状態で使用してみることにします。

フリーのPDFビューワ(閲覧)ソフトの比較です。

フリーのPDF作成ソフトを比較してみました。  

 

コンテンツ配信