FTP

今ではInternet Explorerにも装備され、WEBをブラウズする際に必須となった感じのあるタブブラウズ、ウィンドウをやたらとたくさん開かずにいろいろなページを切り替えられるのはよいのですが、開いているタブがどんどん増えてくると、これはこれで不便が生じるものです。

特に、たくさん開いたタブを次々に閉じるときに、閉じたくないタブまで閉じてしまい、再度そのページを探すのに時間がかかってしまう、、、というようなことが時々あります。

その辺りの不便を解消するのに役立ってくれるのが、このアドオン『Tab Mix Plus』です。

インストールすると、タブ上で右クリック(Macの場合はcontrol +クリック)したときに表示されるコンテキストメニューに項目が加わり、「タブを複製」「タブをロック」...など、タブの制御に関するいろいろな機能を使うことができるようになります。

中でも、タブを閉じることができないようにする「タブを保護」、ページ内のリンクをクリックしても、タブに表示されているページを変えること無く新たなタブを開いて表示する「タブをロック」は便利です。

ウェブ開発の必需品の一つに、FTPクライアントがあります。機能としては、LinuxのみならずWindows,Mac OSにも標準でインストールされているので、コマンドラインを使いこなせる人なら必要ないのですが、そうは言ってもGUIはあらまほしきものということでソフトを選んでみます。(Windowsに至っては、エクスプローラーがFTPクライアントにもなるのでGUIも実現されていますが)

絶対条件ではないのですが、WindowsでもMacでも使うことができて、オープンソースで、というあたりで絞ると、スタンドアローンのアプリケーションなら、ほぼ FileZilla しか無いという状況です。Windowsオリエンテッドっていうことで、MacOSのGUIには違和感が結構あるのですが、世界的にはかなりのシェアがあるようなので安心して使えるとは思います。DrupalやUbercartのサイトでも(おすすめ?)開発ツールとして紹介されていますし。

あとは、FireFoxのアドオンである FireFTPも、なかなかの使い勝手で、用途によってはFileZillaより良いかもしれません。機会があれば具体的な機能比較などやってみたいと思います。使ったことはありませんが、EclipseのプラグインにもFTPクライアントがありますのでいずれ試してみようかと思います。

コンテンツ配信